楽器を見に行った

銀座のヤマハに楽器を見に行ってみた。
地下の一角にチェロが10台ほど置いてあった。25万~80万円くらい。

お店の人が話しかけてくれたので、いろいろ質問させてもらった。

50万円以下くらいのものはほとんどが中国製。「中国製」はどうしてもいや、という人もいるが、中国はマネが上手いので、ものはちゃんとしているそうだ。一番安い25万のセットでもちゃんと手入れすれば一生使えますよ、とのこと。
私が以前、スクールの展示会で見た40万円のドイツ製のセットも歴史のあるメーカーですよ、とのこと。

同じ値段なら中国製のほうが実はお買い得、ってことはないのかな?と聞いてみたけど、そういうこともないみたい。

店員さんが言うには、やっぱり自分の好みの音の楽器を探すのが一番大切とのこと。初心者であっても、やっぱり音色は楽器によって全然違うらしい。
しかし、自分が求める音がそもそもわからないんだよなー。
CDとかコンサートとかで、いい音だなーって思うときがあるけれど、それを聞き分けられるのか?自信ないなー。

それと、予算が決まったら、その少し上のランク、下のランクも弾いてみるといい。少しプラスすれば、すごく自分の理想に近づけることもあるし、少し下でも充分なときもあるから。

それと、チェロの形状には2つタイプがあって、ストラディバリタイプとモンターニャタイプというのがあるということも始めて知った。モンターニャは下部がぽってりと張り出していて、低音に深みのある音が出る。安いランクはストラディバリタイプだけで、ちょっと上のランクになると両方のタイプを作っていたりする。

それから、ケース。湿度の影響を受けにくく、楽器を安全に保管するにはやはりハードケースがいいそうだ。セットについているのはほとんどソフトケースなので別で買う必要がある。持ち歩くことは無いのでいらないかな、と思っていたけど、湿度のこととか考えるとやっぱりあったほうがいいのかなー。チェロのハードケースって高いんだよなー。一番安いので65000円位と言っていた。これは中古かオークションで安く買えばいいか。しかし古いものでも密閉性は保たれるのかが疑問。

アコースティックチェロの音量、結構大きいですよ、ってことで、自宅で弾けるのかも問題になる。
ちょっと音を出してみますか?と言ってくれたので、一番安い25万円の中国製のを出してもらった。いつもサイレントチェロの音を聞いているので、これでも充分すごくいい音に聞こえる。確かに低音の音量はかなり大きい。ピアノよりも大きいかも?雨戸を閉めて、隣家と接近していない部屋で練習しようと思っているけど、大丈夫かなー?ミュートもあるそうなので、何とかなるか?

それにしても、生のチェロを弾くのがこんなに気持ちいいとは。前回は気づかなかった。
やっぱり、本物の音はいいなー。早くこれで毎日練習したい。
お店の人に、そう言うと、チェロは体全体で抱えるから、本当に気持ちいいですよね、と言っていた。
ああ、そうか。音階を弾いただけだけど、すごく癒された。楽器が鳴っている音と、部屋で鳴っている音。体の中と外、両側から音が響いてくる感じ。ずーっと鳴らしていたかった。

それにしても、第一ポジションのマークがないと、音階が全然弾けないし。。。ダメダメだなー。
[PR]
# by cello_fumiko212 | 2009-10-02 23:56

できてないっ!

後からクラスに参加する予定だった人が9月から合流したら、急にレッスンの進みが速くなったような、、、もう着いていけてません~。(大泣)

今日の大事なことは、「一拍目は絶対に合わせる」。
アンサンブルをするとき、全体が合うか合わないかはここにかかっているのだとか。と言うことだったので、できないなりに、一拍目は遅れないように意識してみた。

今やっている曲は「エーデルワイス」。
先生が「これってサウンド・オブ・ミュージックの曲ですよね。レッスンでサウンド・オブ・ミュージックの曲をよくやるから、一度映画を見てみようと思ってビデオを見るんだけど、いつも最初で寝ちゃうんですよねー。」と言っていた。
私なんて、合唱祭の最後にトラップ大佐が客席を促して、会場全体で「エーデルワイス」の合唱になるシーンを思い出して、泣きそうになっちゃったのになー。前半のほのぼのストーリーばかりが強調されるけど、ナチスドイツが迫る暗い時代を描いた映画でもあるんですよね。

しかし、演奏を始めるとそんな余裕は無く、必死の形相です。「今日はコードを意識してねー」って言われたけど、聞いちゃいないよ。(コードを意識して気持ちで弾く部分も大切とのこと。)
お隣の生徒さんの音がとてもよく聞こえるのですが、完璧に弾けている。私は音程は合ってないし、音もショボイし、そもそもついていけていないところがあったり、スラーなのに弓をターンさせちゃったり、もーメロメロ。早く楽器をゲットして、日々陰練しなければついていけませんっ。

来週金曜日はケラスのコンサートです。チェロのソロリサイタルを聞くのは初めてなのでとっても楽しみ。今日、先生がチラシを教室に張り出していたのを見たら、なかなかのハンサムさんですよ♪40歳過ぎなのに「若手」といわれているらしい。すごい世界だよね、と先生談。笑
[PR]
# by cello_fumiko212 | 2009-09-27 20:01

新しいこと、大事なこと

8月最後の日曜日のレッスンのことを書いていませんでした。この日はテキストの新しいページに進んで、大事なことをいろいろ教わったのですが、そのことを書き留めたメモをなくしてしまって、、、記憶を呼び覚まさないと。

新しいこととしては、
1. 移弦のスラー
移弦するときに弓を消費するので、1音目は短めに使っておく。移弦するときは弧を描くようにするとスラーがきれいに繋がる。

2. テキストp19の1
0-1をD→G→C→G→D→Aと移りながら弾く。これは1のポジションを並行に横移動する練習と、弦と弦の感覚を指に覚えさせるのに大切な練習。
同じ動きを、0-2、0-3、0-4でも練習する。
特に0-4の時は、Aで正しい位置を抑えられていても、C線では上のほうにずれてしまいがちなので注意。(音が低くなる。)並行に動かすことを意識する。感覚としては、太い弦に移るほど下を押さえる感じぐらいでちょうどいい。
0-2の時は、2は親指の裏側の位置、を意識するといい。

3. 歓びの歌
音程は合ってきたけど、四分音符を八分音符+八分休符で弾いているよ、と指摘あり。一拍分しっかり音を出し切って演奏すると上手く聞こえる。そこが先生との違い。
そこで、それを意識して一杯一杯に音を出しながら演奏すると、右手がすごく辛くなる。先生も「ここからは右手の体力が問題になってくる。」と言っていた。そうしているうちに、右手の力が抜けてくるとのこと。

記憶を頼りに思い出せたのはこんなところ。
指練習は毎週違った形でやっているけど、家で全然復習してないから、相変わらず指がいうことをききません。楽器を買えるのは、まだ少し先だから、楽器が無くてもできることはやらなきゃならないのに。
[PR]
# by cello_fumiko212 | 2009-09-08 22:11

足踏み中

よく考えたら、この2ヶ月、ずーっと同じところをやってるなー。先には進まないんだろうか?

今日は、椅子を低め、エンドピンを少しだけ長めにしたら前回よりも弾きやすかった。

1.まずは指でしっかりと押さえることを意識。
2.次に音程がしっかり取れているかを確認。
3.いい音を出すことを考える。自分の音を聞くことが大切。

今は2を頑張っているところ。ネックの横に張ってあるシールの位置だと微妙に音程がずれるんだよね。それよりもちょっと下を押さえると音程が取れることがわかってきた。

3はまだまだ先だろうけど、安永さんの本にも「自分の音が聞けてるかどうかで違ってくる。(できていない人が意外と多い。)たとえ小さなレッスン室でも、楽器から出てくる音だけじゃなくて、部屋で音がどう響いているかを聞けることができる人が伸びる。」というようなことが書いてあった。

こういう指示を出してくれるってことは、私たちの先生もいい先生なんじゃないだろうか?

前に先生が言っていた、「難所があったら、まずその場所を繰り返し、できるようになったらちょっと前から弾いてみる。」というのも安永さんの本に同じことが出ていたし。

なんだかこの先生を信じて頑張っていこう、って思えました。

あ、先週の先生のライブ、期待以上に楽しかったです。ピアノとバイオリンとのトリオでしたけど、選曲のセンスも良かったし。これからのレッスンが楽しみ。

それにしても、そろそろ楽器が欲しいなー。
[PR]
# by cello_fumiko212 | 2009-08-23 22:00

チューニング

f0203820_2324233.jpg自分の楽器を持っていないので、チューニングなどやったことないのですが、今日は、自分の楽器を持ってきた生徒さんの楽器を使ってチューニングの仕方を教えてもらいました。
上のネジを巻くんだけど、ただ巻くだけだと戻ってしまう。押し込むように巻くと止まるんだって。A線は切れてしまうこともあるので慎重に。チューナーは2500円くらいで買える小型のが便利らしい。緑のランプがつくとあっている。赤ランプが同時に点灯する場合は弦の下側の小さいピンで調節。時計回りで高くなる。赤いランプのみの場合は上のネジで調節。今日、見せてもらったのはこんなのだったな。ヤマハのもあるみたい。チェロ用というのもあるらしいけど、これで充分だということです。その前に楽器なんですが。
ちなみに、ギターのように毎回弦を緩める必要はなくて、調節だけでOKなんだって。これにはホッとしたー。ギターは弦を緩めておかないとネックが反っちゃうよって脅された記憶が。3ヶ月くらい弾かないんだったら緩めた方がいいけどね、ってことでした。
レッスンの方はこの1ヶ月以上、ずーっと同じところをやってる感じがするなー。もう一人生徒さんが加わるそうで、その人が個人レッスンで追いつくまで待ってる状態なのかなー?まあ、そんなに進まれても、全然できるようになっていないんだけど。
前回から先生の指摘を受けてエンドピンを短くしてるんだけど、すごく弾き辛い。肩がガチガチになってしまう。エンドピンをこっそり長くしたい~。椅子を下げればいいのかな?

今日はWOWOWで「おくりびと」を見た。もっくんのチェロ演奏シーン、じっくり見てみた。まだ第一ポジションだけの私たち、もっくんのレベルまで、いつになったら追いつけるんだろうか?

夏休みで2週続けてレッスンはお休み。15日の先生のコンサートのチケットを買って帰ってきた。先生の演奏をじっくり聞くのは初めてなので楽しみ。
[PR]
# by cello_fumiko212 | 2009-08-02 23:32