<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

発表会に向けて

しばらくブログを放置していましたが、チェロレッスンは続いています。
今月でちょうど1年経つのかな?今のところ飽きるどころか1週間で一番楽しみなのがチェロレッスンです。(と今日しみじみと思いながら帰ってきました。)

発表会をするそうです。同じ教室の同じ先生のクラスの生徒さんたちでってことみたいです。
曲も決まっているので後は練習あるのみ。といいつつ、家でチェロをケースから取り出すのは多くて週2回。通常は週1回。
ケースから取り出すのが面倒なんですよねー。とはいえスタンドを買って出しっぱなしに、というわけにもいかないし。ピアノみたく蓋を開けるだけならいいのに。

発表会の曲はバッハのMarch in G。4人で同じパートを弾けばよいので、責任も1/4だからね。と先生が勇気付けてくださいます。先生が下(?)パートを弾いてくれるそうです。
先々週だったかな?先生の奥様(ピアノの先生)がレッスンの見学にいらっしゃり、伴奏をつけてくださいました。おおー!なんだか曲らしく、バッハらしく聞こえて嬉しかった。

相変わらず身体のあちこちに変に力が入り、長時間(て1時間。笑)練習しているとどうにかなりそうです。身体が後ろに引けてしまう。右肩が上がってしまう。肘を動かすのが正解みたいなんだけど。いつの間にか自然に弾けるようになるかと思ったけどダメですねー。

March in Gの注意点。
・マーチだからリズムに乗って弾こう。最初は大げさなくらい弓を大きく使って。
・2/2拍子を意識して。1小節に四分音符4つだけど、4/4じゃないよ。この違いを出すことが大切。
・八分音符は弓を細かく使う。四分音符の半分よりももっと細かくてよい。
・一箇所出てくる#の音、これだけははずさずに!

最近の悩みは4ポジ。曲では使わず、練習でちょっとだけ弾くんだけど、小指の長さが足りないんです!もー、右肩左肩ガチガチ状態。辛すぎる。

4ポジの1はひとつ上の開放弦と同じ音になる。ぴったり音が合うと弾いてない隣の弦が共鳴して振るえる。先生が見せてくれた。本当に弾いているとき見たくブルブル震えてる!不思議ー。
でも、自分でも1ポジの4の音がひとつ下の開放弦とオクターブで同じ音なのでなんとなく共鳴している気がしていた(多分本当にさわっちゃってるのだとは思うのですが。。。汗)のですごく納得。すごい楽器だなー。
[PR]
by cello_fumiko212 | 2010-03-14 21:41