<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

足踏み中

よく考えたら、この2ヶ月、ずーっと同じところをやってるなー。先には進まないんだろうか?

今日は、椅子を低め、エンドピンを少しだけ長めにしたら前回よりも弾きやすかった。

1.まずは指でしっかりと押さえることを意識。
2.次に音程がしっかり取れているかを確認。
3.いい音を出すことを考える。自分の音を聞くことが大切。

今は2を頑張っているところ。ネックの横に張ってあるシールの位置だと微妙に音程がずれるんだよね。それよりもちょっと下を押さえると音程が取れることがわかってきた。

3はまだまだ先だろうけど、安永さんの本にも「自分の音が聞けてるかどうかで違ってくる。(できていない人が意外と多い。)たとえ小さなレッスン室でも、楽器から出てくる音だけじゃなくて、部屋で音がどう響いているかを聞けることができる人が伸びる。」というようなことが書いてあった。

こういう指示を出してくれるってことは、私たちの先生もいい先生なんじゃないだろうか?

前に先生が言っていた、「難所があったら、まずその場所を繰り返し、できるようになったらちょっと前から弾いてみる。」というのも安永さんの本に同じことが出ていたし。

なんだかこの先生を信じて頑張っていこう、って思えました。

あ、先週の先生のライブ、期待以上に楽しかったです。ピアノとバイオリンとのトリオでしたけど、選曲のセンスも良かったし。これからのレッスンが楽しみ。

それにしても、そろそろ楽器が欲しいなー。
[PR]
by cello_fumiko212 | 2009-08-23 22:00

チューニング

f0203820_2324233.jpg自分の楽器を持っていないので、チューニングなどやったことないのですが、今日は、自分の楽器を持ってきた生徒さんの楽器を使ってチューニングの仕方を教えてもらいました。
上のネジを巻くんだけど、ただ巻くだけだと戻ってしまう。押し込むように巻くと止まるんだって。A線は切れてしまうこともあるので慎重に。チューナーは2500円くらいで買える小型のが便利らしい。緑のランプがつくとあっている。赤ランプが同時に点灯する場合は弦の下側の小さいピンで調節。時計回りで高くなる。赤いランプのみの場合は上のネジで調節。今日、見せてもらったのはこんなのだったな。ヤマハのもあるみたい。チェロ用というのもあるらしいけど、これで充分だということです。その前に楽器なんですが。
ちなみに、ギターのように毎回弦を緩める必要はなくて、調節だけでOKなんだって。これにはホッとしたー。ギターは弦を緩めておかないとネックが反っちゃうよって脅された記憶が。3ヶ月くらい弾かないんだったら緩めた方がいいけどね、ってことでした。
レッスンの方はこの1ヶ月以上、ずーっと同じところをやってる感じがするなー。もう一人生徒さんが加わるそうで、その人が個人レッスンで追いつくまで待ってる状態なのかなー?まあ、そんなに進まれても、全然できるようになっていないんだけど。
前回から先生の指摘を受けてエンドピンを短くしてるんだけど、すごく弾き辛い。肩がガチガチになってしまう。エンドピンをこっそり長くしたい~。椅子を下げればいいのかな?

今日はWOWOWで「おくりびと」を見た。もっくんのチェロ演奏シーン、じっくり見てみた。まだ第一ポジションだけの私たち、もっくんのレベルまで、いつになったら追いつけるんだろうか?

夏休みで2週続けてレッスンはお休み。15日の先生のコンサートのチケットを買って帰ってきた。先生の演奏をじっくり聞くのは初めてなので楽しみ。
[PR]
by cello_fumiko212 | 2009-08-02 23:32