<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

記念すべき1曲目

今日は曲をやりましたよ。教則本には「オーラリー」と書いてあったけど、メロディは「ラブミーテンダー」でした。

その前に、構えのことだけど、今日はエンドピンを長めにしてみた。結構弾きやすかったです。両隣の生徒さんよりも私の楽器は傾いているんだけど、そのほうが弾きやすいみたいなので、これでいこうと思う。

今日は開放弦の移弦の練習のとき、弓のところを見ずに、自分の感覚で弾いてみたけど、他の弦に触らずに弾けたのが嬉しかった!しかし、開放弦でなくなると、途端にメロメロに。隣の弦を触ってしまう。ま、それ以前に問題山済み。


D線からA線に移るとき(弓はアップ)、ガリガリッと音がするんだけど、どうしたら?

理由はいろいろ考えられるけど、とりあえず、今は気にせずに弾きましょう。弱々しくてガリッといわないよりもいいくらいだ。とのこと。
開放弦ではそうはならないんだから何かが違うんだろうなー。まあ、気長に練習だ。


音階を弾くと音が弱々しくなるのはなぜ?

左手に神経を使う分、弓が当たっているところを見ていなかったりするので仕方がない。左手もしっかり押さえられていないのも関係あり。これもまだ気にしなくて良し。


そのほかには、A線からG線4番に移るとき、その前にA1を押さえるから手が上のほうに行っているので、G4で押さえる位置が上(音は下がる)になるので、そこのところ注意。
ただし、今は音程はずれててもいい。正しい形で押さえることが大切。音程を合わせようと、左手がフラフラする方が良くない。私はつい音程をあわせようと手が動くから気をつけないと。

それと、弾く角度も弦を押さえると難しいなー。弦が沈む分、隣の弦に触れやすくなる。

とにかく、最初の頃は弓を持つ手が全然できなかったけど、それを直されないようになっただけでもかなりの進歩だわ。
パリに行く週はお休みしなくちゃならないから、心配だなー。
[PR]
by cello_fumiko212 | 2009-05-31 16:51

楽譜を見ながら

今日のレッスン内容は1段階段を上った感じだったなー。ついていくのに必死。

未だ構える位置が定まらないけど、これはいろいろ試すしかないな。今度はエンドピンをもう少し長めにしてみよう。

今日は左手が大忙しになってきた。左手の注意で新しく知ったのは「親指の第1関節も曲げること」。伸びると余計に力を入れないと押さえられないらしい。確かにそうだけど楽譜を追っているとそれを忘れて伸びてる。。。指練習もっとやらなくちゃ。

D線を弾くときちょっと頑張りすぎてた。弓は床と水平でなく、弦と直角に。

来週は曲をやるそうなので、ヘ音記号の楽譜とにらめっこしておかなきゃ。ト音記号だったらもう少し反応できるんだけどなー。

弦と指番号、音符を連動させてイメトレ。今週は1週しか開かないからあっという間だぞ。

今日はN響アワーでドボルザークのチェロ協奏曲をやってた。やっぱりチェロっていい音!早くアコースティックのチェロを弾けるようになりたいなー。
[PR]
by cello_fumiko212 | 2009-05-24 21:43

だましだましだけど、前よりできた

2週間ぶりのレッスン日。この2週間は指使いの練習、ほとんどしなかったなー。反省。

さて、最初に構えから。
今日はエンドピンを少し長めにして、チェロをかなり傾けて構えてみた。前回は、どうにも上手くいかなかったので、N響アワーでチェロの人たちの構えている姿を研究。結構椅子に深く腰をかけているからチェロはかなり傾いているのでは?と思ったんです。先生に、少しエンドピンの位置を自分側に直されたので、ちょっと傾けすぎな気もするけど、とにかくいろいろやってみようと思って。両サイドの生徒さんに比べると、胸当てを支えている位置が自分はかなり低いから、やっぱり傾けすぎなのかも?でも前回よりはかなり楽に弾けた。先生にも「D線、上手く弾けてますよ。」と褒めてもらった。不思議なんだけど、弾きやすいとされるG、D線よりも、C、A線のほうが楽なんだよなー。何かが根本的に違うのだろうなあ。

弓を持つ右手も全然疲れなかった。前回までがウソのようだ。中指が毛のところを触るように持つのが本当なんだけど、自分の指の長さでは無理があるのでは?と思って、そこにはあまりこだわらず、親指の位置と人差し指の第2関節が伸びないように、後は上腕に力が入り過ぎないように、っていうところを意識してやってみた。今日は先生に余りなおされなかったから、それなりにできていたのだろうか?とにかく、手がつりそうだった前回と比べたら格段に楽だった。

ダウン、アップの記号どおりに弾くことから。ダウンを間違わなければアップはおのずと付いてくる。ダウンのほうが音がしっかり出るから、小節の頭はダウンのことが多い。これを間違えると、目立つから気をつけてねー、とのこと。

2分音符、2分休符、休符は弦から弓を放さず止めること。

4分音符は弓の中心付近を使う。弓の重心は手元の金具部分から10cmくらいのところにある。そこが一番力が入る場所。だから細かい音符のときはそこを起点に中心を使う感じ。手元は意外と細かい動きをしづらいとのこと。

次に移弦。2分音符、2分休符では休符のときに移弦し、弦の上に弓を乗せておく。浮かせてしまうと出だしがずれる。曲を弾くようになると下手に聴こえちゃうので注意。

休符がないときの移弦も弓は浮かせず最短距離で移る。

次に右手の指体操。第一関節を曲げること。指を立てる。指全体を広げようとすると良い。伸ばそうとするとガシッと押さえられない。今は音程はずれてもいいから4本の指が1本の弦を押さえること、弾こうとしている弦を押さえること、などに注意する。

今は押さえている手元を見て確認すればよいけど、基本は手元は見ない。楽譜を見てたら手元は見られないからね、とのこと。だよなー。バイオリンは弓が触れる部分、押さえる手元、楽譜、が一直線に並ぶけど、チェロは全部バラバラの場所にあるのだ。うわ、こわっ。

最後にCメジャーの音階。指使いと音階を連動させて覚えること。そうだよね。当然のことなのに何にも考えないで弾いてた。これもイメトレしよう。

今日、教室の入口でヤマハのチェロのカタログを見つけた。ヤマハはサイレントチェロしか作ってないのかと思ったら、アコースティックのチェロも作ってたんだ。お値段は245000円。海外旅行1回我慢すれば買えるのかあ。。。
[PR]
by cello_fumiko212 | 2009-05-10 18:32