楽器を見に行った

銀座のヤマハに楽器を見に行ってみた。
地下の一角にチェロが10台ほど置いてあった。25万~80万円くらい。

お店の人が話しかけてくれたので、いろいろ質問させてもらった。

50万円以下くらいのものはほとんどが中国製。「中国製」はどうしてもいや、という人もいるが、中国はマネが上手いので、ものはちゃんとしているそうだ。一番安い25万のセットでもちゃんと手入れすれば一生使えますよ、とのこと。
私が以前、スクールの展示会で見た40万円のドイツ製のセットも歴史のあるメーカーですよ、とのこと。

同じ値段なら中国製のほうが実はお買い得、ってことはないのかな?と聞いてみたけど、そういうこともないみたい。

店員さんが言うには、やっぱり自分の好みの音の楽器を探すのが一番大切とのこと。初心者であっても、やっぱり音色は楽器によって全然違うらしい。
しかし、自分が求める音がそもそもわからないんだよなー。
CDとかコンサートとかで、いい音だなーって思うときがあるけれど、それを聞き分けられるのか?自信ないなー。

それと、予算が決まったら、その少し上のランク、下のランクも弾いてみるといい。少しプラスすれば、すごく自分の理想に近づけることもあるし、少し下でも充分なときもあるから。

それと、チェロの形状には2つタイプがあって、ストラディバリタイプとモンターニャタイプというのがあるということも始めて知った。モンターニャは下部がぽってりと張り出していて、低音に深みのある音が出る。安いランクはストラディバリタイプだけで、ちょっと上のランクになると両方のタイプを作っていたりする。

それから、ケース。湿度の影響を受けにくく、楽器を安全に保管するにはやはりハードケースがいいそうだ。セットについているのはほとんどソフトケースなので別で買う必要がある。持ち歩くことは無いのでいらないかな、と思っていたけど、湿度のこととか考えるとやっぱりあったほうがいいのかなー。チェロのハードケースって高いんだよなー。一番安いので65000円位と言っていた。これは中古かオークションで安く買えばいいか。しかし古いものでも密閉性は保たれるのかが疑問。

アコースティックチェロの音量、結構大きいですよ、ってことで、自宅で弾けるのかも問題になる。
ちょっと音を出してみますか?と言ってくれたので、一番安い25万円の中国製のを出してもらった。いつもサイレントチェロの音を聞いているので、これでも充分すごくいい音に聞こえる。確かに低音の音量はかなり大きい。ピアノよりも大きいかも?雨戸を閉めて、隣家と接近していない部屋で練習しようと思っているけど、大丈夫かなー?ミュートもあるそうなので、何とかなるか?

それにしても、生のチェロを弾くのがこんなに気持ちいいとは。前回は気づかなかった。
やっぱり、本物の音はいいなー。早くこれで毎日練習したい。
お店の人に、そう言うと、チェロは体全体で抱えるから、本当に気持ちいいですよね、と言っていた。
ああ、そうか。音階を弾いただけだけど、すごく癒された。楽器が鳴っている音と、部屋で鳴っている音。体の中と外、両側から音が響いてくる感じ。ずーっと鳴らしていたかった。

それにしても、第一ポジションのマークがないと、音階が全然弾けないし。。。ダメダメだなー。
[PR]
by cello_fumiko212 | 2009-10-02 23:56


<< ジャン=ギアン・ケラス コンサート できてないっ! >>