指先が痛いの回

第2回目レッスン。2週間ぶりです。

今日は体験レッスンの人がいたので、また一からスタート。でも、そうしてもらってよかった。今日はヒールのない靴で行ったからだと後から気づいたんだけど、高さの調節がまったくわからなくて、やけにチェロが高い位置にあるような、もー、最初から混乱しまくり。
結局しっくり来ないままレッスンスタート。

弓の持ち方からおさらい。右手の小指のことなんか言ってたけどよく聞こえなかった。小指も伸びちゃいけないって言ってたのかな?人差し指は伸びないようにってことは今回も言ってた。これは大丈夫。

開放弦でG線から鳴らす。
あー、やっぱり右に引ききったとき、すごく辛い。弓を持つ手が弓の重さに耐えられず、持ち方はぐちゃぐちゃだし、持ち方を固持しようとすると肘の角度が変な風にガチガチになって弦と弓が直角にならなくなっちゃうし。はーっ。
G線はまだ良くて、隣のD線が苦手。先生に何度も「肩が上がってる。肩を下げて。」と注意されて、直されるんだけど、力入りまくりでダメでした。。。先生に、「身体が逃げちゃってるよ。」と指摘を受ける。今日はそもそも最初の構えからなんかおかしいんだよー(泣)。とりあえず楽器を支えようと背筋を伸ばすんだけど、やっぱり体が引けちゃうというか、、、「楽器が安定していない。」とも言われたなー。自分でもそれはわかる。だって、今日練習が終わった後、右の股関節だけ痛かったんだもん。身体が傾いてるってことだよね。先生が弾くところをもっと観察しなければ。自分に夢中になっちゃって、正しい弾き方がわからなくなってる。自分がどうなってるか鏡を見ながら練習したいなー。肩を落としてD線を引くのが目標だな。C線だと自然に肩が下がって楽に弾けるんだけどなー。

弾くときの注意。
弓を引いて戻すとき、弦から弓を放さない。音を切らない。音を切る=休符が入るって事。そうすると曲を弾くときヘタに聴こえるんだって。やってみてくれて、確かにそうだった。だから、往復で全音符で練習している今も、音を切らない癖をつけたほうがいいみたい。
それから、たまにガリッといやな音がするけど、それでよし。フニャフニャ弾く癖が付く方が悪いって。ガリッとなってもしっかり押し当てて弾く方が良い。

A線に行く前に、弓を置いて、今度は指の体操。

まず最初に、指板に手を置いて、人差し指と中指、中指と薬指を開く。

次にD線上の第1ポジション(でいいのかな?上のほう)に手を置く。いったん腕を横に伸ばして、最短距離で肘を曲げてつかむ。手首が曲がらないように、肘と中指が一直線になるように手を置く。で、人差し指~小指を等間隔に広げて弦を押さえるんだけど、等間隔になりませーん!が、今は気にしなくていいと。親指は中指の裏側。そうすると指が立ちやすい。人差し指の裏にならないように。
4-1、1-2、1-3、0-3で何度も押さえる練習をする。これは筋トレだから毎日やってもいいよ、とのこと。自分の右腕でやってもいいし、電車の手すりでやってもいいって。満員電車じゃ手すりはゲットできないから自分の腕でやるか。寝る前にやろうっと。

ここでまた弓を持って、A線を弾く。辛いけど、自分的にはD線より楽なのはなぜ?出来てないのか?
左手で弓の先を持ち、弓の先をA線に直角になるように当てる。そして右手を弓のカーボンの上を持ち手まで滑らせていく。これがA線を弾く時の腕の動きだよ、と教わる。それが出来るんだから弾けるはずってこと。この状態で右手で弓を持ち、弾き始めると、あら不思議、弾けちゃいます。でも、持ち方はちょっとアレンジしちゃってる。先生の説明よりも浅く持ってる感じ。中指が毛のところに触れていないもの。でも、私、指が短いから、これでいいのかなー?とも思っちゃうんだけど。だって、これで弾くと、D線もG線もとっても楽。でも、いきなりアレンジでスタートじゃなあ。先週は一瞬ちゃんと弾けて、先生にもほめられたんだけど、あれはなんだったんだ。ガンバろ。

ここで、右手もつけて弾く練習。
G線で0→1→3→4、D線0→1→3→4と弾いていくと、ト長調の音階が弾ける。ちょっと音痴だし、指で押さえると途端に音の響きが悪くなるけど、一応音階になってるよ!
次に、C線0→1→3→4、G線0→1→3→4、D線0→1→2→4、A線0→1→2と弾くと、ハ長調の音階が完成!「これが出来れば曲が弾けるからね。」と先生。
しかし、C線の4、ありえん!弦の太さと小指の太さがほとんど一緒だよ!というのは大げさだけど、私のか細い小指ちゃんにあの弦を抑えろというのは酷だ。今、レッスンから終わって2時間ですが、左手、キーボードを打つ指先がジンジンしてます。先生は「押さえているうちに硬くなってくるから。」って言うけど、1週間~2週間に1回じゃ、硬くならないよー。ギターはこの痛さに耐えられずに挫折したけど、今回はどんなに痛くても頑張ろう、と決意してたんだけど、やっぱ痛い。早くコツをつかみたいものです。

最後の方は、音階が弾けて、楽しく終われたから、前半の出来なかったもやもやがちょっと晴れた。けど、出来ていないことに変わりはないのだ。次回は、もうひとりの生徒さんがお休みするそうなので、先生に疑問をぶつけて、しっかり、正しい姿勢を叩き込んでもらわねば。それまで、指の筋トレとイメトレだわ。

頑張るぞーっ!
[PR]
by cello_fumiko212 | 2009-04-19 17:07


<< できなくて泣く 初レッスン >>